FC2ブログ

中国上海で大学生になったら?

どんな日々が待っているか見守ってください・・・ 毎日すごいことになってます。

どんなメリットがあれば、海外で大学生になろうと思うだろう?

2007.03.10

私が高校生のときは、中国の大学に行こうなんて
まったく考えもしなかった。

そもそも日本では、「海外の大学」という
選択肢があまり知られていないのではないか。
一部の海外に興味のある好奇心旺盛な学生を除いて。

ましてや非英語圏なんてもってのほか、と
普通なら思うだろう。

私はもっと日本で大学を選ぼうとしている人に
この選択肢を意識してもらいたい。

別に「絶対に中国の大学がいい」とは言わない。
ただこの選択肢があることを知ることで
救われる人がいることを確信している。

そこで自分なりにメリットを考えてみた。

・・・私の場合、これはかなり大きかった。
「入学試験がないに等しい」

日本であれば、仕事をしながらセンター試験の
勉強をして・・・といったところだろうか。
この時間は節約できる。

もちろん大学によっては、試験が必要な場合もある。
しかし少なくとも財経大学は2005年時点で必要なかった。

ただし語学を必死にやる必要があることを追記しておく。
ただそれは現地に来てしまえばかなりの確率で
何とかなってしまう程度のものだ。

もうひとつのメリットは、
「必死にやれば日本の大学を出るより早く卒業できる」
あくまでスムーズに単位取得が進めば、の
仮定の話だが、もし仕事で語学を
活かしたいということであれば、
3年で漢語学科を卒業し、1年は
英語圏へ留学、それでも日本の大学生と
同じペースで就職できる。

最後に、私のように高卒で仕事をしたけれど
やっぱり大学に行っておきたいという方への
メリットは、
「韓国人留学生の年齢層が比較的高い」
特に男性は兵役があるので、
ちょっと探せば25才前後の人は
たくさんいる。ともに学ぶには絶好の環境だ。

今まではブログの方向性を模索していたが、
今後はこの信念を基に
このブログを続けていきたいと思う。

この考えに賛同してくれる方を探そう。

最後に、コメントをいただいたブログの作者の
ホームページが、中国大学語学留学の
情報が満載なのでリンクを貼っておく。

中国留学情報
スポンサーサイト



[PR] 台湾に中国語留学

Comment

ども!相互リンクおさそいありがとうございました。
ブログ、サイト両方から貼ってます。
財経なんですね。
私も財経でしたよ!

そっかあ

賛同でーす。

相互リンクもしておきまーす。

リンクありがとうございます☆

>王九蛋さん

自分では「財経」って訴えていたつもりが、
過去の記事見ないとわからなくなってますね・・・
気づかせてくださってありがとうございます。

>ELCさん
いや~相互リンク恥ずかしいですけど
うれしいです。
がんばってブログ続けます!!!

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

ありがとうございます!

Hanae

Author:Hanae
四川パンダ

☆当ブログへのご訪問誠にありがとうございます♪
☆コメント&メール随時お待ちしております!

☆不快&誹謗中傷コメント・トラックバックは断りなく削除しますのでご了承ください。
☆著作権は放棄しておりません。写真、文章などの無断転用、転載はお断りいたします。
FC2&Knowledge Communication&にほんブログ村&人気blogランキングに参加中!
ナレコム 学び&おけいこ 人気ブログランキング【ナレコム】ランキングにほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ人気blogランキングへ

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

オススメ記事

準備中、乞うご期待!

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

全ての記事を表示

後悔させないリンク先

FC2カウンター

目指せ10000Hit!

RSSフィード

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム