中国上海で大学生になったら?

どんな日々が待っているか見守ってください・・・ 毎日すごいことになってます。

スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 台湾に中国語留学

中国農村部(地方)への留学前に知っておきたいこと

2007.06.26

「日本人が少ない」と言う理由で
北京・上海と言った大都市を避けて
留学される方も多いようだが、
自分だったら先に知っておきたかった!
という情報を挙げてみる。

●ご飯に砂利が入っている
・少なくとも中国人学生の食堂では
 混入している可能性が高い。(安い)
留学生食堂・レストランは混入している可能性は低い。(高い)
  -おかげで食欲がなくなり(白米が恋しくなるけど)、
  留学ダイエットが可能に?!

●一番近いスーパーは歩いて最低30分を覚悟せよ!
・基本は学校内で生活できるが
 スーパーのほうが安いものもあるので
 結局いくはめに。

とまあまず2つ挙げてみたけれど、人間慣れれば
なんてことなくなるというもまた事実。
来てしまえばそれが楽しい中国留学
情報を事前に得ることより自らの失敗を楽しむ心の余裕
持てるかどうかが、中国留学成功を決めるのは間違いない!
スポンサーサイト

[PR] 台湾に中国語留学

もし日本にいながら既に外国語が出来る場合のお得情報!

2007.06.15

このサイトから、奨学金を申請できます。

学費を全額負担してもらえる奨学金
多いようです。

最大の条件は、その国で暮らせるだけの
語学力があること。

私も知っていたら先に日本で中国
マスターしてから大学進学したのに!

な~んて、それができなかったから
留学したんだから、まず無理だわな。

[PR] 台湾に中国語留学

中国大学留学を決めた最大の基準をまだあげていなかった!

2007.06.07

先日あげられるだけ留学国選定基準をあげたとか
言っておきながら、最も当たり前のことを
あげていなかったので改めて述べさせていただきます。

やはり「どの言語」を学ぶか。
まあ実際ほとんどの人は英語ですよね。
私も本当は英語をどうにかしたいんです・・・

しかしここで私の場合大学進学というのが
絡んできました。

英語圏の大学進学となると、調べたところ
日本の私立大学進学、またはそれ以上の
費用
が必要だそうです。

基本は自分の稼いだお金で、足りない分は
将来返しで、と考えていた自分には
とても払える額じゃありませんでした。

そこで見えてきたのが”中国”でした。
自分の実感では、生活費を含めて
日本の国立大学へ行くのと
同じくらいの費用
ですむ予定です。
この面は本当に中国留学を魅力的にする利点のひとつです。

じゃあコストに対するパフォーマンスは
どうなの?というのは後々正直に述べていきますのでお楽しみに♪

[PR] 台湾に中国語留学

自分であげた留学国選定基準数値を調べてみた

2007.06.05

さて昨日に引き続き、本日はどの程度
中国」を選ぶ根拠があるかネットで検証します。

MECEに・・・と言いましたが、一日おいてみて
まだまだ足りない項目が出てきてしまったので
追加してお送りします。

それでは発表します。(すべてリンク先からの引用です!)

人気の語学留学先
 第5位:中国・韓国・フィジー
 第4位:ヨーロッパ
 第3位:オーストラリア・ニュージーランド
 第2位:カナダ
 第1位:アメリカ

日本人留学生人気留学先都市ベスト5
 第5位:ロンドン
 第4位:バンクーバー
 第3位:シドニー
 第2位:ニューヨーク
 第1位:ロサンゼルス
都市別ではやはり英語圏が圧倒的人気のようです。

しかし最近中国も相当人気があるような
報道がされていたのを記憶していますが・・・。
ちょっと資料が見つかりませんでした。


●日本人留学生の数と留学生全体に占める割合
アメリカ
 -38,712人、全米留学生総数の6.9%、国別4位(2005-2006年)
オーストラリア
 -8,398人、国別3位(2003-2004年)
中国
 -1万6084人、国別2位(2002年)
韓国
 -約3500人(01年末)

意外とこの手の統計は見つかりませんでした。
やってみて気づいたのですが、留学生と言っても
本当に様々なので、正確な数値を出すのが
難しいのだと思われます。

ですので以下の統計に関してはほぼ絶望的で、
中国に関してだけ個人の主観や過去のニュースで
知った範囲でしか資料がありませんでした。

●その国に在住している人の数、できれば形態(現地就職・駐在・出張・開業)ごとに
●犯罪率、日本人が犯罪にあいやすいかどうか
●日本人に対して友好的な人の割合
●日本語を勉強している人の割合

調査大変ですからね・・・
こういう客観的な数値よりも、その国の
人口・歴史・文化を調べたほうが、
知識とともに留学国選びができるので
メリットが多いような気がしてきました。

結論として、迷う場合は
調べられることを時間の許す限り
調べる、ということで。

[PR] 台湾に中国語留学

今だからこそ留学国選定について考える

2007.06.04

私が中国に決めた当初は、まさに
これから大波の一番上に上るぞ~!
というタイミングだった・・・というのは
所詮主観でしかありません。

今思えば、あまりにも「勘」で決めすぎた
ように思います。

もしこれからどこの国に留学しようか
迷う方がいらっしゃれば、
できるだけ「数値データ」を調べることを
オススメしたいです。

どんな数値を調べるべきか?
・近年の日本人留学生の留学先ランキング
 →留学を考える人がどの国の可能性に注目しているか?
・日本人留学生の数と留学生全体に占める割合
 →日本人がその国の可能性に注目しているか?
・その国に在住している人の数、できれば形態(現地就職・駐在・出張・開業)ごとに
 →その国と日本との交流が既にどの程度あるか、将来的にその国で仕事があるか
・犯罪率、日本人が犯罪にあいやすいかどうか
 →リスクを意識する意味でも必要
・日本人に対して友好的な人の割合
 →同上
・日本語を勉強している人の割合
 →お互いに勉強し合える、日本へ仕事を求めて、または日系企業で働くという意味で交流がある

・・・とまあMECE(漏れなく、かつダブりなく)で
あげたつもりですが、不足分コメントお待ちしております。

あくまで注意して欲しいのは、迷っている人はということです。
その国に行ったことがない場合でも、
いかなるリスクも許容する覚悟があれば
こんな面倒な調査はしなくていいと思います。

え?実際に調査しろと?

・・・次回に続く。

[PR] 台湾に中国語留学

ありがとうございます!

Hanae

Author:Hanae
四川パンダ

☆当ブログへのご訪問誠にありがとうございます♪
☆コメント&メール随時お待ちしております!

☆不快&誹謗中傷コメント・トラックバックは断りなく削除しますのでご了承ください。
☆著作権は放棄しておりません。写真、文章などの無断転用、転載はお断りいたします。
FC2&Knowledge Communication&にほんブログ村&人気blogランキングに参加中!
ナレコム 学び&おけいこ 人気ブログランキング【ナレコム】ランキングにほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ人気blogランキングへ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

オススメ記事

準備中、乞うご期待!

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

全ての記事を表示

後悔させないリンク先

FC2カウンター

目指せ10000Hit!

RSSフィード

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム